Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... 忍者ブログ

くそれび

ゲームしたりアニメみたりラジバンダリ たまにびっくりするほどロングな鼻毛が取れることないですか?? そうそれが世界平和。love & peace こんなプロフィールはうどん粉じゃない・・・そう思われたら狼煙を揚げてください。放火で通報しますんでね。

7 Days to Die NITROGENでマップ生成してみる



普通にデフォルトでマップ生成すると

こんな風に道路がそそりたつ壁みたいになるのである。

ということでNITROGENというマップ生成ツールを使うことにした。

NITROGEN
https://7daystodie.com/forums/showthread.php?114207-Tool-NITROGEN-a-random-world-generator-for-7DtD

なんかcompopackもおススメなのかリンクがあったので入れてみた。

compopackはたくさんファイルがあるけれど
PLEASE copy all files from thid folder into なんちゃらに入ってるファイルとconfigに入っているファイルしか使わない。これを自分の7dtdのゲームフォルダーに入れたらOK。
正確には
pleaseなんちゃらのファイル一式を自分のsteamlibrary>steammaps>common>7 Days to Die>data>prefabsに貼り付ける。フォルダー丸ごとはしないでくれとreadmeに書いてあるしフォルダー名が違うから普通にやりにくい。
CTRL+Aですべてを選択できるのでフォルダーの中身をそのままコピーして貼り付ければいい。
もうひとつはconfigのrwgmixer.xmlを同じくdataフォルダー内のconfigに貼り付けたらOK

次にNITOROGENの実行に必要なjavaを入手。持ってる人はいいです。
ただサイトのリンクのやつだとjavaをインストールしても動かない。64ビットのやつをインストールしたら動いたので32ビット用のリンクなのかもしれない。

NITROGENはゲームに関係ない(マップ生成は別で行う)ので好きなとこに入れたらいいです。まぁあまり関係ないとこに置くと忘れてしまいそうなだけれど。

NITROGENのexeファイルを実行してエラーが出なければok。PCの環境にもよるがバニラよりは早いと思う。

マップはプレビューのファイルで確認できる。とりあえずトレーダーとかは色がついていた。水色っぽい正方形のマークである。
ちなみにトレーダーの数も多めにしたり少なくしたりはできる。あと街から近くにっていう項目もあった気がする。

NITROGENで生成されたマップデータはNITROGENのあるフォルダーのoutputの中にある。こいつを自分のappdataに入れてやらないといけない。
たぶんosがcドライブの人はみんな同じだとは思う。ユーザー名はそれぞれに違うと思うけれど

自分の場合は
C:\Users\ゆーざー\AppData\Roaming\7DaysToDie\GeneratedWorlds
※ゆーざーはあなたの付けているユーザー名が入る

このgenerationworldに生成されたマップフォルダーを入れておけばゲームをスタートするときに選択肢で出るようになる。

ただし、全部flatにしたからと言って砂漠や雪原が出ないわけではないらしい。荒れ地もあったので。
まぁ、全部同じバイオームだと手に入らない資源があるからだと思う。

NITROGENで出来たマップを見てa16の頃を思い出した。最近全然水場が少ない気がしてたのでというかたまたまかもしれないけれど。エアドロが湖に落ちて回収不可能ってよくあったし。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 このエントリーをはてなブックマークに追加

拍手[1回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
うどん粉
年齢:
50
性別:
男性
誕生日:
1970/01/01
職業:
無職
趣味:
アニメ、げえむ、ネット古事記
自己紹介:
ポークビッツなみ

フリーエリア

最新トラックバック